京都らしく腹黒くて面白いコンテンツを中心としたWEBメディア

成功堂チョメチョメディア

平成最後のポテトチップスで濃い〜平成を締めくくります

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ネオ
少しでも面白いと思って頂ければ幸いです。 なんて本当は、そんなことまったく思っていない京都の腹黒webデザイナーです。

もう平成が終わります。

平成の初めは、近畿でキッズだったのに今や一人でTOKIO(東京)に行けるくらい立派な大人になりました。
人生の大半を過ごした、平成は様々なNEWSや出来事があり一言では語れないくらい感慨深いものです。

そんな中、ふと、平成にやり残したことを考えてみるとジャニーズに履歴書を送る(Myojoを見た姉が勝手に送るパターンのやつ)など本当にたくさんのやり残し、または思い残しがあります。

しかし無情にも平成は嵐のように過ぎ去り令和へと時代は移り変わります。
何か最後に出来ることは無いのかギリギリで生きていたい…。
最後に何か成し遂げて平成をジャンプしたい!

そんな思いで、残り少ない時間で、できることを探しているとちょうどいい物を見つけました。

それはポテトチップスを食べること、そう平成最後のポテトチップスを食べることです。
平成最後のポテトチップスとは、ポテトチップス界のキングいやプリンス否、キングアンドプリンス的存在の湖池屋の商品です。

平成最後のポテトチップス

もちろん賞味期限は平成最後の日!

賞味期限平成31年4月30日

では、さっそく平成最後のポテトチップス「濃いめのり塩」を食べたいと思います。

濃いのり塩

パッと見は、普通ののり塩ですね、なぜ平成最後のポテトチップスがのり塩味なのでしょう?
ノリで作ったからのり塩的なオヤジギャグでしょうか…。
確かにうす塩は、影がうす〜いみたいな感じでよくないですが、コンソメ味なら「コンソメだけに”トリ”」平成最後の”大トリ”ポテトチップスでもいいじゃないか!
※平成の「濃~い」思い出と、これからの「濃~い」未来という意味らしい。

最後の一枚

まぁしかし平成最後だと思うと海苔と海苔の間のセクシーゾーンが美しく感じます。
では、平成最後のポテトチップスを平成最後の日に食べたいと思います。

いつも食べてるのり塩より濃くて美味しい!
思わずキスしてマイ上がってしまいます!!

でもなぜか、平成の最後に一人でポテトチップスを食べていると濃いのり塩味の他、ほんのり薄い塩味がしました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ネオ
少しでも面白いと思って頂ければ幸いです。 なんて本当は、そんなことまったく思っていない京都の腹黒webデザイナーです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 成功堂チョメチョメディア , 2019 All Rights Reserved.