京都らしく腹黒くて面白いコンテンツを中心としたWEBメディア

成功堂チョメチョメディア

十日ゑびすでおみくじを引いたらまさかの!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
SONs-K
普段はす〜ぱ〜ドラゴンサンダーす名義で音楽活動を行なっています。 京都で一番レベルの低い音楽をあなたの心に届けますロックンロール!

そんずけー新年明けましておめでとうございます。SONs-Kです。

京都はとても寒いし、履いてるズボンのポケットには穴が空いているしで新年早々テンションが低めです。
そんなことでは、良い音楽も作れないので、気分を上げるため十日ゑびすに参拝に行ってきました。

十日ゑびす通称えべっさんとは、漁業の神、商売繁盛の神、五穀豊穣の神として有名な「七福神」の戎(恵比寿)様を祀るお祭りです。
商売繁盛の神様という事で、仕事がうまく行くようにと願う人や恵比寿様のご利益にあやかろうと福笹や熊手などの縁起物を買い求める人で賑わう京都の新春の風物詩です。
※関東でいうと『酉の市』に近いかもしれません。

四条通り沿いに十日ゑびすへ参拝に向かう入口があります。

ゑびす神社がある所までは屋台がビッシリ!
しかし屋台を見るとテンションが上がります。
そしてなぜか、前田のベビーカステラを探す自分がいますw

前田のベビーカステラ発見w

混雑の中神社の前に着くと
商売繁昌で笹持って来い!
商売繁昌で笹持って来い!!
と聞こえてきて10日ゑびすに来たという感じがします。

境内はさらにごった返しています。

ギュウギュウの中、何とか6円(ロック)を賽銭箱に入れて内田裕也バリにロックンロールと一言、恵比寿様にお祈りし、メインイベントのおみくじを引きにいきます。

出てきた番号を巫女さんに伝え1000円渡して、お釣りとおみくじを受け取ります。
お釣りをズボンのポケットに入れ、いざ、おみくじを見ると何と!!

大吉!!
やったーー!!
どうやら今年は”す〜ぱ〜ドラゴンサンダーす”の年になりそうです。

参拝を終え境内を出るときは左側から出ます。
そうすると壁がありその壁を叩いて恵比寿様にお参りに来たことを知らせなければいけません。
勿論僕は、8ビートいや大吉で気持ちが高ぶっているので16ビートで叩いて気持ちよく帰りました。

しかし、帰りの途中で、おみくじのお釣りのことを思い出し…ない事に気付きます。

…..
何とズボンのポケットの穴からお釣りが落ちて無くなっていました!!

十日ゑびすでおみくじを引いたらまさかのお金を落とすというオチでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
SONs-K
普段はす〜ぱ〜ドラゴンサンダーす名義で音楽活動を行なっています。 京都で一番レベルの低い音楽をあなたの心に届けますロックンロール!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 成功堂チョメチョメディア , 2019 All Rights Reserved.