京都らしく腹黒くて面白いコンテンツを中心としたWEBメディア

成功堂チョメチョメディア

出町座で軽い気持ちで見たインド映画 『バーフバリ』が予想外に面白すぎて絶句した

 
この記事を書いている人 - WRITER -
タタタ
京都のイラストレーター兼デザイナーです。 のほほんと過ごしています。

2017年12月にオープンした京都の出町桝形商店街にある映画館「出町座」に映画を見に行きました。


出町座は地下1階と2階に約50席ずつあるミニシアターです。


ミニシアターだと侮るなかれ、座席のシートも音響もしっかりしてて快適に映画が見れます。
※昨年のオープニングパーティの時に許可を得て撮影した写真です。


1階部分は出町座のソコというカフェとCAVA BOOKSという本屋さんがあります。


置いてある本のチョイスも素敵でついつい手に取ってしまいます。


ちょうど上映していた中で気になったインド映画「バーフバリ」を見ることにしました。


しかし、軽い気持ちで見たことを大きく後悔しました。
こんなに面白い映画を今までみたことがない!!

壮大すぎるストーリーに、インドならではの豪華絢爛なミュージカルはもちろん、ハリウッド顔負けのVFXを多様した豪快な戦闘シーンが目紛しく展開していき3時間とにかくずっとハイテンションで脳内からアドレナリンが噴出しまくります。
そして、なんと言っても主人公が圧倒的に強すぎる!!強い!強い!強い!
それがとても爽快で、気がつけば「バーフバリ!」「バーフバリ!!」と民衆の一人になって王を称えている自分がいました。
関西人からしたら、極端過ぎる展開にツッコミどころ満載で楽しめます。

気になって調べてみたら、この映画なんと!インド国内興収歴代1位で世界興収300億円突破している、すごい映画だった…。
日本でも口コミで人気が広がっていき全国でロングラン上映されていて、それでも熱が冷めることはなく完全版がリバイバル上映までされ、絶叫しながら観劇できる絶叫上映なんかも企画されていたみたいです。
そんなことも全く知らずに気軽に見て本当にごめんなさい。

大画面と大音量の映画館でこそ体験すべきなんですが、残念ながら全国のリバイバル上映ももう終わっているみたいです。でも、アマゾンプライムとかでも見れるので気になった方は是非、体感してみてください。

ちなみに1作目が『バーフバリ 伝説誕生』が息子と父親の話、2作目が『バーフバリ 王の凱旋』が父親の話になります。

バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!
出町座でやっている映画はとっても熱かった!!

この記事を書いている人 - WRITER -
タタタ
京都のイラストレーター兼デザイナーです。 のほほんと過ごしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 成功堂チョメチョメディア , 2018 All Rights Reserved.